コスメ関連コラム|30代の肌ケアに卵殻膜化粧品〜赤ちゃんみたいなぷるるん肌への近道

コスメ関連コラム記事一覧

あなたは、ご自分の内臓が何の問題もないと断言できるほどの自信があるでしょうか?“痩せない”“肌荒れが気になる”といった美容の悩みにも、現に内臓が健康かどうかが関わっているのです!アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)をお薬の力だけで良くしようというのには残念ながら幾分無理があります。習慣や趣味などライフスタイル全体のルールまで視野を広げた治療方法が重要です。本国における美容外科の経...

爪の作られる行程は木の年輪のように刻まれるものであるため、その時点の健康状態が爪に反映されることがよくあり、髪と同じように視認できて気付きやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているのだ。 内臓の元気具合を数値で計測できる特殊な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、人間の自律神経の状態を計測して、内臓の問題を知ろうという高機能なものです。アトピー誘因:家族の病歴・以下...

健やかな皮ふのターンオーバーは28日周期になっており、一日毎に新しい細胞が誕生し、何時も剥がれ落ちていることになります。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮ふは若々しさを保ち続けています。 美白(びはく)という美容法は95年から99年頃にかけて美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となってブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニンが原因の様々な肌トラブル対策に対...

化粧の悪いところ:涙が出た時にあたかも修羅のような怖い顔になる。ちょっとだけ間違えると派手になったり地雷を踏んでしまう。素顔をごまかすには限界というものがある。 美容外科における手術をおこなうことについて、恥という気持ちを抱く方も割と多いようなので、手術を受けた人のプライドやプライバシーを冒さないように工夫が特に大切である。その上に日々のストレスで、心の中にも毒はどんどん蓄積され、同時に体調不良も...

美容にまつわる悩みを解決するには、最初は自分の内臓の具合をみてみることが、美容悩みからの解放への第一歩になるのです。しかし、一体どんな方法を用いれば自分の臓器の調子を調査できるのでしょうか。メイクの良いところ:外観がきれいになる。化粧もマナーのひとつ。本当の年齢より年上に見られる(24才以下限定)。自分自身のイメージを毎日チェンジできる。スカルプケアの主要な役目は髪の毛を健康に保つことだといえます...

夏、強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを小さくする方法を3種類。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.たくさん化粧水を付けて保湿する3.シミを防ぐためにも捲れてきた表皮をむいてはいけない。日本皮膚科学会の判別基準は、@激しい掻痒感、A特殊な発疹とその分布域、B慢性と反復性の経過、3つともチェックが入る病気をアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と診断する。美容...

患者はそれぞれ一人一人肌の質は違いますし、先天的な乾燥肌なのか、もしくは生活習慣などによるドライスキンなのかというタイプに応じて治療の内容に大きく関わってきますので、十分な注意が必要とされます。 現代社会を暮らすということで、身体の内側には人体に悪影響を与えるという化学物質が取り込まれ、更には自らの体内でも老化を促す活性酸素などが次々と生まれていると報じられているらしい。 美白(ホワイトニング)と...

掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の要因には、1.腸内・表皮・肺・口腔内などの細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的要素、3.栄養、4.生活環境、5.それ以外の意見などが現在は主流となっている。 唇の両端がへの字型に下がっていると、皮膚のたるみは一段とひどくなっていきます。ニコニコと左右の口角を上げて笑顔になれば、たるみの防止にもなるし、何より見た感じが素敵ですよね。ネイルケア(nail care)...

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞間に多く含まれており、水分維持や緩衝材のような作用をして大切な細胞を防護していますが、歳を取るにつれて体の中のヒアルロン酸は減るのです。 唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、お肌の弛みはますます目立つようになります。明るく唇の両端を持ち上げた笑顔を心がければ、弛み予防にもなるし、人に与える印象も素敵ですよね。 歯のビューティーケアが...

ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体の中に蓄積された不要な毒を体の外へ排出させるという健康法の一種で美容法というよりも代替医療に類別されている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除くの意)」を短く切った「detox」から来ている。左右の口角が下がっていると、肌の弛みはますますひどくなります。にこやかに口角を持ち上げて笑顔を見せれば、たるみの予防にもなるし、外見...